ホーム >> 製品案内 > 地絡方向検出器内蔵型高圧自動開閉器(瞬時励磁方式)用低圧子局装置
  
地絡方向検出器内蔵型高圧自動開閉器(瞬時励磁方式)用低圧子局装置
高圧自動開閉器(瞬時励磁方式)の遠方監視制御機能に加え、地絡事故発生時における地絡方向の検出機能や電源監視機能を有します。
   
<特徴>  
■電源監視機能
子局装置の電源監視機能が追加され、トランスヒューズ切れなどによる装置片側電源消失時に事業所へ情報を伝送することができます。
■順送動作設定機能
順送動作設定機能を追加し、設定を順送動作禁止にする事で、間欠地絡による不要CB遮断を防ぐことができます。
■計測機能
零相電圧、零相電流、両側電源電圧の計測情報が監視可能です。
※CO2排出削減に効果!
瞬時励磁方式の開閉器と組合せて使用することで、励磁電力不要によるCO2排出削減量は、年間約0.2t (注)
(注)CO2排出係数を0.378kg-CO2/kwhとした場合
<主な仕様>
 
型式 SC-C145-DE
寸法 380mm×φ298mm(円筒型)
総質量 11kg
電気的条件 定格 AC100V±15V 50Hz
停電補償電源 電気2重層コンデンサ(内蔵)
機能的条件 遠方監視機能 開閉器状態 入、切、ロック(Y時限ロック)
地絡方向検出 電源側、負荷側
子局電源監視 子局電源監視 平常、片側電源無
計測情報 零相電圧、零相電流、両側電源電圧
遠方制御機能 自動開閉器への「投入」、「開放」、「クイック」制御
事故検出情報(地絡方向、欠相)検出後の復帰制御
遠方設定機能 機能設定 S型、W型、S2型
投入(X)時限設定  S型時限 → 0、7、14、21、28、35、42、49(秒)
W型時限 → 7、14、21、28、35、42、49(秒)
S2型時限→ 0、3.5、7、10.5、14、17.5、21、24.5(秒)
順送動作設定 平常、禁止
電源方向設定 K側、L側
停電補償設定 完全、Y時限ロック
信号伝送条件 伝送方式 半二重ポーリング方式
符号伝送速度 300bps
標準周波数及び周波数偏移 受信 2,800Hz±150Hz、送信 3,400Hz±150Hz
送信出力レベル -10dBm〜+10dBm(10dBmステップ可変)
受信感度レベル -30dBm〜+10dBm(5dBmステップ可変)
伝送路種別 ペア電線(TC-EVS 2.0mm)
通信ケーブル(CPEV-SSD AL 0.9mm)
一線大地帰路(ACSR-0W 32mm2 またはHDCC-OW 5mm)
 
 
 
 
     
         

Copyright(C)2007-2015 SEIKOSHA. All rights reserved.