ホーム >> 製品案内 > 配電線搬送中継装置
 
配電線搬送中継装置
トンネルや橋梁など柱上開閉器遠方監視制御システム(以下、遠制システムという)の専用信号伝送路の敷設が困難な場所で使用されます。
この装置は高圧配電線を伝送路として使用しており、低コストでノイズに強い周波数多重方式(FSK 4Ch使用)を採用した高圧線搬送情報伝送装置です。
 
<特徴>  
■信号の変復調
この装置は伝送路の敷設が困難な区間の両端に施設し、送信端では遠制システムで使用する1チャンネルFSK信号を周波数多重方式で使用する4チャネルFSK信号へ変換して高圧 配電線へ注入します。受信端では1チャンネルFSK信号に復調します。
■信号の注入
該当区間の高圧配電線への信号注入は、高圧配電線ケーブルシースと接地間、または接地用コンデンサと接地間に信号注入・減衰抑制装置(型式:ET-C122-DJ/別売)を施設し、これを介して行います。
■信号方向の判別
配電線搬送間での上り・下り信号方向判別方式として、「ビット反転方式」(ビット反転した信号の受信:子局→親局と判別)、または、「判別周波数帯域方式」(1チャンネルを信号方 向判別用に割当)を設定出来ます。
■停電補償(オプション)
停電時の電源補償用としてオプションで、電源装置(型式:PS-C105-DJ/バックアップ時間1時間以上)を使用できます。
<主な仕様>
型式 RP-C110-DE
寸法 / 重量 355mm×Φ295mm(円筒型)/ 9kg
外箱材質 FRP使用(ケース、底板)
装置電気的条件 動作電圧範囲(電源補償無し) AC100V±15V
動作電圧範囲(電源補償有り) 電源装置供給電源使用時  【通常時】AC16V
【停電時】DC18V
 
信号伝送方式 ライン系通信

シース系通信

伝送路 a.一線大地帰路(ACSR-OW 32mm2またはHDCC-ON 5mm) 
b.通信線(CPEV-SSD AL 0.9mm)
c.ペア電線(TC-EVS 2.0mm)
高圧配電線路
信号注入方式:ケーブルシース
接地用コンデンサ:大地間にインダクタンス接続
伝送フォーマット HDS H-60
遠方監視制御装置〜子局間フォーマットに準拠

-

符号方式 NRZ等長符号 同左
伝送速度 半二重ポーリング方式 同左
伝送速度 300bps 同左
変調方式 FSK 同左
信号周波数 中継装置 → 子局装置 2800±150Hz

中継装置間通信

CH1: 4350±150Hz
CH2: 5850±150Hz
CH3: 7950±150Hz
CH4: 9750±150Hz
判別CH方式の場合は、判別CHを除く3帯域
中継装置 → 子局装置
子局装置 → 中継装置 3400±150Hz
中継装置 → 電気所装置
中継装置 → 子局装置
上り・下り信号判別 - ビット反転方式の場合または判別CH方式を選択
送信レベル設定 10 〜+10dBm (10dB step) −20〜+20dBm / CH (5dB step)
受信感度設定 30 〜+10dBm (5dB step)  各Chにおいて −20〜+20dBm (5dB step)
伝送可能距離 - 10km以内(使用条件によります)
 
カタログファイルのダウンロード
 
 
 
     
         

Copyright(C)2007-2015 SEIKOSHA. All rights reserved.